読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクなのにCorona SUNSETS FESTIVALに行ってきた。

こんにちわ。

島芸人です。

 

女性声優やアニソングループのライブが大好きでたまらない僕ですが、先日沖縄・那覇で行われた「Corona SUNSETS FESTIVAL」に参加してきました。

 

 

■Corona SUNSETS FESTIVALって?

沖縄・那覇の豊崎SUNビーチで、行われる大型の音楽フェス。

ダンス・クラブミュージックを中心としたアーティストやDJが参加しています。

ざっくり言うと、パーティピーポー向けのイベントですね。

 

■日本離れした会場とうまいビール

実際会場に訪れると、客層の中心は観光客と在日米軍の人たちばかりで、まるで海外にいるかのような雰囲気。

あれ?現地沖縄の人いなくね?

 

f:id:kamakura_11:20160711191757j:image

 

まあ、細かいことは気にせずに、とりあえずコロナビールを飲みまくります。

会場では、沖縄本島で出店している洋食系飲食店が、ローストチキンやラップサンドを販売していて、これがまたコロナビールとよく合います。うまい。

 

■とりあえず音楽を聴いたのだが…

会場の奥には大きなステージがあり、ダンス系ミュージックを中心にしたセットリストを楽しむ人々が踊り狂っていました。

f:id:kamakura_11:20160711192154j:image

 しかし、ここで大きな問題が。

 

「アーティストが1人も分からん…」

 

これは、アニソンライブであれば論外な話ですね。僕もアゲアゲなオタクソングや、せめて沖縄の音楽なら対応できたのですが、全く曲が分からないというのは、やってしまったなあという感じでした。

 

半日近くイベント会場にはいましたが、結構ビールを飲んで、美味しいご飯を食べで満足してしまいました。

 

f:id:kamakura_11:20160711192810j:image

 

結局物足りなさを感じたので、夜の国際通りにある沖縄民謡居酒屋を満喫。

 

次回開催するのであれば、せめて沖縄関連の音楽をすこしだけでも増やしてほしいなあと思った次第です。

 

沖縄のアニソンフェスの開催ってどこに要望すればいいですかね?

このオタクソングが聴きたい!~2016夏・2~

こんにちわ。

島芸人です。

 

夏の旅行やドライブにピッタリのオタクソングをもう少しだけ紹介したいと思います。

 

 ■Mermaid Festa Vol.2 ~Passionate~

 

ラブライブ! School idol projectより、高坂穂乃果と星空凜のデュオで歌う夏らしさ全開の1曲がこちら。

少女たちのあまーい夏を想像させる歌詞やサマーチューンなメロディーが、これからの時期にピッタリ。

歌を聴いていると、なんとなく「島」の浜辺ではしゃぐ2人の女の子の姿が、浮かんでくるような気がしてきます。

 

というか、この曲ライブでめっちゃ聴きたい…。

 

■Step! ZERO to ONE

Step! ZERO to ONE

Step! ZERO to ONE

ラブライブ!サンシャイン!!の1stシングルよりAqoursが歌うカップリング曲がこちら。

特徴的なメロディーが爽快感を生んでいて、聞いていると非常に心地よい仕上がりになっています。

夏のドライブのお供にオススメしたい、どこか懐かしさを感じる1曲です。

 

ハイタッチ☆メモリー

ハイタッチ☆メモリー

ハイタッチ☆メモリー

ハイトーンボイスが特徴の声優小倉唯最新シングルより。

小倉唯ちゃんの曲は非常にアップテンポで、聞いててウキウキするような物が多いですが、こちらは特にテンション高めのメロディーと歌詞が相まって、非常に夏にピッタリの曲に仕上がっています。

 

ハイタッチしたい…したいよね…

 

僕らの夏の夢

僕らの夏の夢

僕らの夏の夢

映画サマーウォーズのエンディングテーマよりご紹介。

サマーチューンな曲を多く歌っている山下達郎楽曲の中でも、特に少年時代の夏の楽しさとどこか夏の終りを感じさせる物悲しさが、うまくミックスされている完成度の高い曲となっています。

 

オタクソングが苦手な人にもぜひオススメしたい1曲です。

 

 

夏だしそろそろライブ行きたいですね。

それではまた。

このオタクソングが聴きたい!~2016夏~

こんにちわ。

島芸人です。

 

今回は、僕自身が最近の島旅や夏のドライブでよく聞くオタクソングを紹介したいと思います。

 

■たんぽぽ水車~Yui Makino Version~

たんぽぽ水車~Yui Makino Version~

たんぽぽ水車~Yui Makino Version~

 

アニメ「スケッチブック 〜full color's〜」最終話エンディングテーマの「たんぽぽ水車」をARIAシリーズなどでお馴染みのヒーリングヴォーカル声優であり、同作にも出演する牧野由依がカバー。

特に、原曲とは違いサビからバックで演奏されている奄美三線の音色が、原曲にはなかった「島ミュージック」感を醸し出しています。

ARIAシリーズの楽曲とは一味違う牧野由依の歌、オススメです。

 

■ 渚のSHOOTING STAR

渚のSHOOTING STAR

渚のSHOOTING STAR

 

Q&Aリサイタル! やmotto☆派手にね!など、超有名オタクソングを歌う今をときめくアイドル声優戸松遥による、アゲアゲなサマーチューン。

どこか懐かしさを感じるメロディーラインや、これぞ夏らしさ全開といった歌詞など、これからの時期にピッタリの1曲です。

LAWSON presents 戸松遥 BEST LIVE TOUR 2016~SunQ&ホシセカイ~もよろし

 

 ■夏☆DASH!!

夏☆DASH!!

夏☆DASH!!

 

これぞ夏のオタクソング!としてオススメしたいのがこちら。

メロディー、歌詞、合間に入るオタクコール、すべてが「夏」らしさ全開です。1000ちゃんの入門曲としてもオススメです。2人だけで過ごす最高の夏を体感しましょう!

 

 ■Angel Breeze

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 014 川島瑞樹

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 014 川島瑞樹

 

アイマスシリーズでオススメしたいのがこちらの一曲。昭和80年代をイメージさせる(いろんな意味で)イケイケなメロディーと、少し早い夏のデートを連想させる歌詞、そしてなにより東山奈央の歌声が合わさった芸術ともいえる1曲。

ちょっと変わった方向からアイマスを噛んでみたいという人にもオススメ。

内浦のはなし

こんにちわ。

 

テレビアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」がいよいよ始まりました。

個人的には非常に楽しめる内容で、今後も期待しながら視聴を続けていきたいと思っています。

 

そこで、今回はラブライブ!サンシャイン!!の舞台にもなった、静岡県沼津市にある「内浦」のお話をしたいと思います。

 

■いざ内浦へ。

ラブライブ!サンシャイン!!1stシングルのPVでは、自然に囲まれた景色が美しい場所として内浦が描写されており、前作「ラブライブ!」の舞台となった神田・秋葉原とは対象的な光景とも感じ取れました。

なかなかに景色はいいぞ、と知人に教えてもらった僕が、内浦に足を運んだのは新緑が美しい4月。スクールアイドルを目指す女の子たちの息吹を、アニメよりひと足早く感じに行きました。

 

■沼津港の海鮮

沼津方面から内浦に向かう途中にあるのが、マグロやしらすのグルメで有名な沼津港です。このグルメスポットで、特に僕が気に入ってるのが、丸天さんです。

 

静岡沼津港の鮮魚料理! 魚河岸丸天

 

 

ここで食べられるまぐろ丼は絶品で、大きいマグロのぶつ切りがゴロゴロと入っていて、なおかつ非常に新鮮。都会ではなかなか体験できない味を堪能することができます。

 

丸天さんに以外にも、美味しい魚料理屋がたくさんあるとのことなので、内浦探訪の前にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

■内浦の景色

沼津港から車で走ること約30分。今まで街中をまっすぐ通る道だったのがカーブになり、進行方向右側に海が見えてくると内浦に到着です。

到着の目標になるのがこちらの観光案内所。

f:id:kamakura_11:20160703213346j:image

こちらは4月の画像ですが、現在も違う種類の画像が用意されているようで、地元の方々の努力みたいなものも感じさせます。

 

さらに、車を南に走らせると、右手にセブンイレブンと観光船の発着所が見えてきます。

こちらが、「助けて!ラブライブ!」のビジュアルでもお馴染みの三津海水浴場です。

f:id:kamakura_11:20160703213339j:image

この海水浴場、入江の中にあるため波は非常に穏やかで、なおかつ透明度も申し分なく、更には左右を山に囲まれているので、見ているだけでも癒される光景です。

 

残念ながらこの日は若干もやがかかっていましたが、天候のいい日は遠くに富士山が望めるとのこと。単なる聖地巡礼だけでなく、観光でも楽しめる場所だと感じました。

 

そして、このような素晴らしい場所を舞台にして、新世代のスクールアイドル達の物語がどのように展開されるのか。「ラブライブ!サンシャイン!!」今後に期待しています。

 

 

余談ですが、夏色キセキの再放送するなら、今しかないと思います。助けてランティス

沖縄のはなし

こんにちわ。

 

文章のクオリティ維持のためにブログを始めてみようと思います。

 

主には、島旅の話を主観まじりでご紹介していこうと考えています。

 

■沖縄ってどんなところ?

沖縄を知らない人からすると、沖縄県全体をひとくくりにしてしまうこともあるかと思います。ですが、実際は島毎に全く違う文化が根付いていて、旅の楽しみ方も変わってきます。

そして、沖縄本島から国境に近い与那国島までは約500キロ近く離れていて、距離だけでみたらその広さがわかると思います。

そんな沖縄ですが、ざっくりと以下の分け方で分類ができます。

沖縄本島(本島離島)

先島諸島(宮古島石垣島与那国島など)

個人的に本島と先島諸島では、似てるように見えて湘南と伊豆くらいの違いがあると思っています。(ビーチリゾート的な意味で)

ですから、沖縄という地域の中でも数え切れないほどの魅力があり、すべてを網羅するにはとてつもない時間と労力がかかるわけです。

 

■じゃあどこの島がいいの?

f:id:kamakura_11:20160625123924j:image

これも主観にはなってしまいますが、それぞれの島の楽しみ方はこんな感じでオススメしています。

・本島と周辺離島→本場のリゾートを満喫したい人向け

先島諸島→南国の海と自然を体感したい人向け

沖縄本島はかなり都会の趣きもあるので、不便はしません。

なので、本当の「島」を体感したい人は、ぜひ先島諸島まで足を伸ばされることをオススメします。

 

個々の島の話はまた別の機会で。

とにかく、沖縄はマジでいいところなので、みなさんもぜひ行ってみてください。

 

それでは!